2010年04月08日

脂肪吸引の注意点

リバウンドしやすいことが極端なダイエットの場合は警戒されるところですが、脂肪吸引の利点はリバウンドがしにくいところです。

10代で脂肪細胞数は大体決まります。
脂肪細胞は、1つ1つが多くの脂肪を貯め込み大きくなることで体内の脂肪の量を増やしています。
通常のダイエットでは、一旦小さくなった脂肪細胞が再び大きくなることでリバウンドが起こると考えられています。
脂肪吸引の強みは、元々は減少させることができない脂肪細胞数を吸引によって減らすことができるという点にあります。

脂肪細胞の個数そのものが少なくなっているため、脂肪が増えやすい環境になった場合でも、理論上においてはある程度以上の脂肪量になることはありません。
体質によって違いはあるものの、脂肪吸引とは脂肪細胞そのものを除去することが目的の手術であるため、以前より脂肪量を減らすことができると言われているのです。

脂肪吸引はリバウンドの心配なく脂肪を減らすことができるため、減量を目指す方に喜ばれています。
施術から2週間〜1カ月程度で、脂肪吸引の効果は目に見えて現れます。
人の身体は脂肪細胞を除いた時には生体反応や麻酔の影響でむくみがちですで、しばらくしてむくみが解消されると効果がわかるようになります。

手術にかかる費用が相当なものになることが、脂肪吸引の弱点です。
どの部分の脂肪を取りたいかでも違いますが、決して安くはありません。
皮膚表面に不自然な凹凸ができたり、たるみやむくみが増したりといったリスクも脂肪吸引に存在することも弱点といえます。

納得のいく脂肪吸引をしてもらうため、クリニック探しは入念に行うようにしてください。
ラベル:ダイエット
posted by tomo at 20:22| Comment(0) | 脂肪吸引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
結婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。